館熟女



 
  ブランド   Guilty
  ジャンル   アドベンチャー
  原画   草津てるにょ
  シナリオ   逆神喧云
  対応OS   Windows 2000 / XP / Vista
  CPU   IntelPentiumⅢ500MHz以上
  メモリ   128MB以上(256MB以上推奨)
  動作条件   必須解像度 800×600
  必須色数 ハイカラー以上
  DirectX 8.1a以上



主人公・辰巳 亮(たつみ りょう)は、人には言えない悩みを抱えていた。
女手一つで自分を育て、大学まで進学させてくれた母親を、ひとりの女性として見てしまうようになっていたのだ。

「もう大丈夫、こわがらないで……  今日から、わたしがおかあさんだよ……」

母さん――辰巳 円(たつみ まどか)母一人、子一人の辰巳家。
亮にはそれ以外の家族はない。
十年前に事故で他界した彼の両親に代わって、実母の従姉妹だった彼女が、亮を引き取った。
彼は温かく抱擁してくれた円の手を、今でも憶えている。

「そうだ、亮くん。 お母さんに耳掃除  させてくれないかな?」

亮を引き取ってからのこの十年、円は自らの事は捨て、なによりも亮のことを優先して生きてきた。
女手一つで『息子』を育ててきた。
しかし三十二歳という年齢は、女を捨てるには早すぎた。

「ごめんね……ごめんね……こんな母さんで……
 ごめんね……あぁ……すごい……匂い……
 んっ……すぅ……ぁ……あぁ……」

夜な夜な、息子の下着で自慰行為に耽る円。
そう円もまた、逞しく育った亮を息子としてだけでなくひとりの男性として見るようになってしまっていた。

ある晩、母親の見てはいけない姿を目撃してしまった亮は、悶々とした夜を過ごす。
だが、ふたりが気まずい朝食を共にすることはなかった。

翌朝。ふたりの慎ましやかな日常が突然終わりを告げたのだ。
円が細々と続けていた学習塾は抵当に取られ、それと同時に彼女は手紙を残し、行方が判らなくなった。

呆然とする主人公の前に現れたのは、身奇麗な、それでいて硬い容姿のメイド、大木フミだった。
彼女は冷徹に告げる。

「貴方は、本日付で四ツ谷家の管理下に置かれました」

フミにわけも分からぬままに連れて行かれた先は、山奥の瀟洒な洋館。
大正の香りを残すその館で、肌も露わな女優のようなドレスを着た女主人、四ツ谷晶江。
気だるげな笑みと、零れ出た白い肢体に釘付けとなる亮。

「ふふ、いいわ……  わたくし、あなたが気に入りました。
 この四ツ谷屋敷で働くことを認めましょう」

人跡途絶えた栄華の跡地―― 母親の借金のカタに四ツ谷屋敷の使用人となった、亮。
その生活はすべて晶江、『奥様』に捧げられるようになる。
日常的な世話のみならず、風呂での三助から、奥様のヴァギナの手入れまでをも任せられる。

(母さん……  僕、とんでもないことになっているよ)

「ふふ、それが恥垢よ。 あなたは触るのは初めて?」
「は、はい……奥様」
「その恥垢をお舐めなさい。
 これは、四ツ谷家主人としての命令です」

奥様に捧げられるものはその忠誠心ばかりではなく、彼の若い肉体もだった。
亮が童貞であることを知った奥様は、良い暇つぶしが出来たとばかりに囁いた。
彼の襟をそっと掴み、その耳元に唇を近づける。

「ふふ、あなたの童貞、いただくわ」