馴染みのオバちゃん~バツイチ熟女と淫乱未亡人~



 
  ブランド   Guilty+
  ジャンル   アドベンチャー
  原画   艶道ミツ
  シナリオ   デヴォラ・ジョンストン
  対応OS   Windows 2000 / XP / Vista / 7
  CPU   Intel PentiumIII:1.0GHz以上(Pentium4:1.3GHz以上推奨)
  メモリ   256 MB以上(Vista/7 は 512MB以上)
  動作条件   800x600以上の解像度
  ハイカラー以上(フルカラー推奨)
  DirectSound対応のPCM音源
  DirectX8.0a以降



主人公、柿本肇(かきもと はじめ)は、実業団のアメフト選手として活動していたが、
チームは解散し会社も倒産してしまう。

仕方なく生まれ育った町へ帰った肇は、両親が経営しているアパートに住む事に。

6年ぶりに帰った地元の商店街は、シャッター商店街になっており、
馴染みの本屋も、よく通っていた店も、看板はあるもののシャッターが下りていた。

その光景に途方に暮れながら歩いていると、一件のお弁当屋が開いていた。

そこは小学生の頃から通っていた弁当屋だった。
開いていることが嬉しくて喜んでいると、店の中から聞き覚えのある声が――。

「なにを店の前ではしゃいでるの? ハジメちゃん」

現れたのは、弁当屋のオバちゃんの佐知子(さちこ)さんだった。
当時と変わらないオバちゃんの姿に懐かしさが込み上げる。

好きだったコロッケをおごってもらい、昔話に花を咲かせる二人。
肇が就職活動中だと聞くと、オバちゃんは自分の通っている
スポーツジムのインストラクターのバイトを紹介してくれた。

早速バイトを始めるが客はほとんどおらず、主な客はオバちゃんと、
その幼馴染みの御手洗和代(みたらい かずよ)さんの二人くらいだった。

ある日、誰もいないトレーニングルームで、オバちゃんのサポートをしていると、
不意にオバちゃんに乳房を押しつけられ、慌てる肇。

オバちゃんからの攻めに思わず逃げ出すが、それはほんの始まりに過ぎなかった。

次の日も、その次の日も、筋金入りの熟女(はぁどこあ)――オバちゃんに迫られる肇。
気が付くと和代さんにも身体を求められ、勃起のおさまる暇もない毎日。

戸惑いつつもオバちゃんたちの熟れた肉体に翻弄される
“はぁどこあ”な日々が続くのだった――。