学食のおばさん The Motion ~母さんの汁の味~



 
  ブランド   Guilty+
  ジャンル   アドベンチャー
  原画   紅葉-K
  シナリオ   錆縞亭猫丸&髪ノ毛座
  対応OS   Intel Pentium4:1.0GHz以上(Pentium4:1.3GHz以上推奨)
  CPU   512 MB以上(Vista/7 は 1GB以上)
  メモリ   128MB
  動作条件   800x600以上の解像度 ハイカラー以上(フルカラー推奨)
  DirectSound対応のPCM音源
  DirectX8.0a以降



――季節は秋。

昼はまだ暑さが残り、夜は人肌の恋しくなる季節。
舞台は東京郊外にある東洋文化大学。

主人公・佐藤大祐(さとうだいすけ)は、この大学の社会環境学部・
福祉学科に通う青年だ。

まだ物心がつく前、幼い頃に施設に預けられた経験をもつ彼は、
今時の大学生にしては珍しく真面目に講義を受ける好青年だ。
それはすでに他界した親が貯めた学費を無駄にはできない、
という想いと生来の真面目さがゆえ。

そんな訳ありの過去を持つ大祐から漂う影、その寂しさに気づく人たちも居た。

ひとりは、四十過ぎの学食のおばさん。
もうひとりは、三十にして大学再進学 を決めた人妻のクラスメイト。
彼のどことない寂しさに気づいたのは、母性本能の発達したふたりの
大人の女性だった。

そして彼も、学食のおばさん・逢沢良子は気になる存在だった。
学食の「女ではなくオバチャンという生き物」と呼ばれてもおかしくはない姦しい
同僚たちに混ざって、大きな乳房とお尻を白い割烹着で包み込み、
綺麗に年を重ねた良子は清廉な色気を厨房内で放っているように大祐には見えた。

ふとした切欠で映画を観にいくことになった大祐と良子。
ふたりが男と女の関 係になるにはそう時間はかからなかった。

親子ほど歳の離れたふたりだったが、 お互いを恋人として認識し合い、
激しく身体を求め合うようになっていく。

ある日ラブホテルで何度目かの濃厚なセックスをしたあと、
大祐は良子に自分の過去を話した。
すると良子の顔はみるみる青ざめていき、震える唇で言った。

「わたしはあなたとは付き合えない……、別れましょう」

良子の中ですべての辻褄が合ったとき、彼女は運命の残酷さに打ちのめされ、
大祐はその過去の荒波に翻弄されるのであった。